ケロイド体質の人の脱毛にあたって

エステサロンや病舎などで行なう脱毛は、フラッシュの光を覚えたり、レーザーを照射したりして、髪の毛の伸びる元にダメージを与える仕組で行います。肌にはまるっきり怪我がないというわけではありませんし、照射したら内側には意欲がこもります。ケロイド慣習ですとき、脱毛を希望しても、断られてしまうケースは少なくありません。スタンダードでしたら、キズをしたり肌に傷がついても、急性であれば自然治癒で元の状態に戻っていきます。 仲間のリバイバル効用が円滑とは言えないとき、皮膚が隆起した状態になってしまったり不潔したり、ケロイド慣習となって現れてしまうという、脱毛の施術は駄目。どうにも脱毛をしたい場合は、かかりつけの先生に面会をした上で、決意を仰ぎましょう。ケロイドの周辺をテープなどで保護して、光が当たらないように輻射を行うこともあります。ケロイド慣習は自己判断ではなく、先生に診てもらい判断して貰うことも大切です。

▲ページトップに戻る